必要な要素

講義を受ける学生たち

近頃は声優に憧れる人も増え、養成所も昔と比べて増えてきています。 声優になるためには、現在では、声優の養成所もしくは専門学校に通い、声優の勉強をしながらオーディションを受け、運が良ければお仕事がもらえ、デビューという流れが一般的です。しかし、このようにデビューできるのはほんの一握りです。 それでは、声優の専門学校や養成所に通うとなると、どのようなレッスンが受けることが出来るのでしょうか。 まず、基礎として、「滑舌・発声練習」「言葉のイントネーションの確認」です。これは声優になるために欠かせない練習です。それがある程度できるようになってくると、映像に合わせて声を吹き込む「アテレコ練習」を行います。 これらが一連のレッスンの内容です。

それでは学校を選ぶ際に、専門学校と養成所ではどのような違いがあるのでしょうか。 まず、専門学校のメリットとデメリットを紹介します。専門学校を選んだ場合は、声優以外のコースも存在することが多いので、声優以外の勉強もできるということです。しかし、専門学校の場合は、情報の量が養成所より劣ってしまうのが難点です。 逆に養成所を選んだ場合は、養成所は声優事務所直属の所が多く、レッスンの結果がお仕事につながる場合や、所属事務所が決まる場合があるという点がメリットです。それに対し、養成所の場合、本当に「声優になる」という覚悟が出来ていないと、そのレッスンしか行わないため、他の職業を選ぶ際に1から勉強ということになってしまいます。・